中古トラックのルームクリーニング

中古トラックのルームクリーニング

中古トラックのルームクリーニング

中古トラック販売時には、
中古トラック販売店である程度車内のクリーニング作業は行われています。
 
しかし、もっと綺麗にしたいという人もいるでしょう。
そんな人のために中古トラックのクリーニング方法を紹介したいと思います。

 

まず車のシート部分は、硬く絞ったタオルに中性洗剤を染み込ませて、
ゴシゴシと擦り汚れを落としましょう。

 

それでも落ちない頑固な汚れには、歯ブラシを使うと綺麗に落とせます。
最後に掃除機でゴミを吸い取りましょう。
タオルは硬く絞っていても、水分が含まれているので、
シート部分のクリーニング後には車内はしっかり換気して下さい。

 

 

マットのクリーニングはマットを外して、
手洗いをすると綺麗に汚れを落とす事が出来ます。
洗濯後は完全に乾くまで干すようにして下さい。

 

マットを干している間に、床のクリーニングも終わらせましょう。
床掃除は車用の掃除機を使用します。
車用の掃除機がないという場合は、吸着シートのコロコロで掃除するといいでしょう。

 

意外と汚れているのが、手が触れる事が多い、ダッシュボードやインパネ周り、ハンドルなどです。
タオルに中性洗剤をつけて拭いて下さい。
タイルはマイクロファイバーを使用すると、汚れが落ちやすくなります。

 

窓は洗車の時に外側から洗っていると思いますが、内側も洗う必要があります。
ガラスが曇って前が見えにくいなんて、危険な状態にならないように、
いつも綺麗な状態を保ちましょう。

 

縦方向で水拭きし、その後乾拭きをして下さい。
最後に曇り止めのクリーナーをして、車内のクリーニングが完了です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ