中古トラックと税金

中古トラックと税金

中古トラックと税金

トラックは商用として使用されます。

 

そのため経費から税金が支払われるわけです。
複数台トラックを所有していると、
自動車税はかなりの金額になってしまいます。

 

トラックを維持している事でかかる税金の種類は
自動車重量税、自動車取得税、自動車税、揮発油税、軽油引取税です。

 

金額はトラックの種類や重さによって、それぞれ異なりますが、
数万円〜十数万円税金がかかると考えておきましょう。

 

廃車にお金がかかるため、
稼働していない放置しているトラックにも毎年税金はかかってしまいます。
稼働していないトラックは、今すぐ中古トラック買取業者に売るべきです。

 

でも年式も古く、故障して放置していたトラックなんて買取してもらえるのか?
そんなふうに思うかもしれません。

 

しかし大手中古トラック買取業者であれば、どんなトラックでも買取してもらえます。
事故車、故障や、車検切れ、廃車寸前のトラックでも、買取してもらえるので安心して下さい。
稼働していないトラック、税金を払うなんて勿体ない事はしないようにしましょう。

 

またトラックを購入する際にも、税金の事を考える必要があります。
実は新車と比較すると中古トラックの方が課税される金額が安くなります。
購入金額がお得になるだけでなく、維持費もお得になるのです。

 

なぜかというと、法定耐用年数が新車なら6年、
4年落ち以上の中古トラックであれば1年と決められているためです。
そのため法人税も安く、節税効果が期待出来るでしょう。

 

トラックを購入する際、所有する際も税金の事を考えるようにしましょう。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ