中古トラックの売買にあたって

中古トラックの売買にあたって

中古トラック業者の選び方

中古トラックを買取してもらう時、中古トラックを購入する時、
業者選びは何を基準に選ぶといいのでしょうか?

 

中古トラックは本体自体の価格が高額なので、
中古であっても数百万円ととても高額な価格です。
そのため、少しでも高く買取してもらいたい、少しでも安く購入したいと考えます。
では満足度の高い売買が出来る、中古トラック業者の選び方を紹介したいと思います。

 

まず中古トラック業者は数多く存在します。
基本的には大手中古トラック専門業者の方が、
資金力や販売ルーツを確保しているため、査定額は高い傾向があります。

 

業者の中には、社名やロゴを消さずに転売したり、
名義変更すら行わない悪質業者が存在します。

 

他にも査定後に、追加費用を請求してくる業者にも要注意です。
そのため、大手中古トラック専門業者を選ぶ方が、安心感があるでしょう。
 
大手中古トラック専門業者の中でも、1つの業者に絞り込まずに、
複数の業者で見積もりを出してもらいましょう。

 

最近ではインターネットを活用し、
わずかな時間で一括査定が出来る便利な機能も備わっています。
またインターネットで人気ランキング、口コミ情報など情報収集も行いましょう。

 

それぞれ専門性があったり、得意ジャンルがあったりと、強みを持っています。
また業者によって、必要なトラックはその時によって違います。
中古トラック市場は需要と供給で、価格が大きく変動します。

 

今あなたが売買したい中古トラックを、
どこで売買するのがお得なのかは、その時によって異なります。
そのため複数の業者で比較して、選ぶ事をお勧めします。

中古トラックと事故車

トラックで事故を起こってしまい、自走する事が出来ない場合、
廃車するしかないと多くの人が思うでしょう。

 

しかし廃車にはお金がかかってしまいます。
自走出来ないのでレッカー代がかかりますし、
廃車をする手続きにもお金がかかります。

 

タダでもいいから、引き取って欲しい、そう思っている所有者は多いでしょう。
ですが中古トラック買取業者によっては、
事故車でも買取価格がつくケースがあります。

 

それは嬉しいけれど、
もし自分が中古トラックを購入する立場になったら怖くないですか?

 

この中古トラック買取業者は、
事故車を修理して、販売しているんだろうか、と思ってしまいます。

 

しかし安心して下さい。事故車を買取する理由は、
海外マーケットで販売するためです。

 

事故の破損状態がひどい場合は、使える部品だけをパーツ販売します。
事故の破損状態が軽い場合は、エンジンを修理すれば、
まだまだ現役で中古トラックとして活躍しています。
海外では日本のトラックは性能がいいと人気があり、
事故車であっても修理さえしていれば問題なく販売出来るのです。

 

もしかしたらあなたは、事故車を修理して自走可能な状態にしてから、
買取した方が高く売れると思うかもしれません。

 

ですが、事故車である事は専門家が見れば、一目瞭然で隠す事は出来ません。
むしろ事故車である事を隠そうとした、と心象が悪くなってしまう可能性もあります。

 

いくら事故車、故障車を買取してくれる中古トラック買取業者であっても、
事故車、故障車は相場以下の価格になります。
そのため修理費の方が高くついてしまう可能性もあります。
修理をして逆に損をしてしまうかもしれません。

 

そもそも中古トラック買取業者は車内に修理部門がある事も少なくありません。
外部に委託するよりも、自社で修理した方が経費削減につながるからです。
そのためわざわざ修理に出すよりも、
故障したままの状態で買取してもらった方がお得だと言えるでしょう。
 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ